中村地区社協の基本活動

中村地区社会福祉協議会(中村地区社協)は平成9年(1997年)設立以来、中村自治会の助成団体として、中村地区の福祉を担っています。
「住んでよかったと思えるまち」をスローガンに、中村地区「民生・児童委員」と連絡を密にし「災害時要支援者」宅とのコンタクト、コミュニケーション、老人クラブ、憩いの家等を含めた、高齢者、障がい者のご支援に役立ちたいと活動しています。
また、学童登校時の見守り活動支援や小学校行事での協力要請に応えています。
コロナ禍で、2年間十分な活動は出来ませんでしたが、広報活動に力を入れ。「中村地区社協だより」の発行を通して老人クラブ入会案内や学童見守り要員募集案内等掲載、地域内回覧の他、災害時要支援者、老人クラブ等に全戸配布しています。
令和4年度は、コロナウイルス感染予防に特段の配慮を行いながら、活動を進めて参ります。

2022年05月16日